×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
三十三間堂 さんじゅうさんげんどう   2008/02/07 京都府京都市東山区三十三間堂廻町657   日本唯一の千体観音堂  堂の長さ約120m 堂内に1001体の観音像がある  山号なし  宗派 天台宗  本尊 千手観音  1165年創建 開基 後白河上皇   本堂東軒下



江戸時代に各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で矢を射る「通し矢」の舞台。通し矢とは「的に当たった矢」という意味。本堂西側の軒下 幅約2.5m 高さ約5.5m 長さ約121m を南から北へ射通す。午後6時から24時間矢を射続競技がおこなわれた。紀州の和佐大八郎は、総矢13,053本中 8,133本を通した。 人間鍛えればすごいことができる。現在「通し矢」といわれる射程は60m。 かつての通し矢の半分の長さ。柱は、矢が当たってもよいように鉄板で覆われている。本堂西軒下 弓を射る側

本堂西軒下  上の写真と反対側より見る

本堂西軒下