×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
村松山虚空蔵尊 むらまつさんこくぞうそん  2008/01他  茨城県那珂郡東海村村松8  真言宗豊山派。 虚空蔵菩薩。 807年、 弘法大師。 伊勢の朝熊山、会津の柳津と並んで日本の三大虚空蔵のひとつ。宗派は真言宗。平安時代の開山。弘法大師の作といわれる虚空蔵菩薩が本尊。菩薩は福徳智能を授け、厄除け、開運の守り本尊。徳川家康や徳川光圀などの尊信が厚かった。「十三詣(まい)り」、13才の子女が参拝すると知恵が授けられるといわれる。七五三のお参りも多い。(説明板より)  村松虚空蔵尊近くの景色



手水舎

仁王門と仁王様 仁王門

右の仁王様 昭和45年に復元

左の仁王様 昭和45年に復元

配置図(案内板より)

開運堂

鐘楼堂。 1980年再建。

本堂。1913年復元。

2011/01/03













本堂裏。 絵馬が多い。

本堂側面

本堂側面

大客殿

安産地蔵尊

鍾馗霊神堂

三重宝塔 最近復元。2008年1月撮る。

2009年8月撮る



暮鳥詩碑 おう土よ生けるものよその黒さには太古のかほりがただよってゐる  録暮鳥詩 犀星 昭和十四深秋 三重宝塔前の右側に、暮鳥(1884〜1924年)の詩碑がある。碑に刻まれているのは暮鳥の死の1年前の1923年に発表された詩。  ふかいふかい松林の中に 一すじの細逕があるその道のほとり けふ  そこをとほると−おう、土よ、生けるものよ その黒さには太古のかをりが―  その一つの窓によって 自分は大地を信ずるのだ−  詩の『黒い土』の一節で、遺稿詩集の『土の精神』にある  1937年 詩碑の建立を、村松村長・村松山主ら、暮鳥を敬慕する人たちが計画  1939年 萩原朔太郎・室生犀星に碑のせん文と書を依頼したが、戦時下のため中断  1972年 この書が照沼家より見つかる  1976年 水戸暮鳥会などにより建立 碑のせん文萩原朔太郎   (2001/02/25号 広報とうかいより)  奥之院。 1913年復元。

奥之院 

出世稲荷堂

晴嵐の碑

近くの砂浜

2008年元旦