信願寺 しんがんじ  2008/03/09他  茨城県水戸市緑町1-2-1  親鸞二十四輩、第23番。 唯信房の開基。 浄土真宗。 1232年、創建。 本尊、鍍金仏。 唯信寺を開いた唯信房とは別人。俗名 幡谷次郎信勝。橘村幡谷城主。









恵信尼公と子息・信蓮房を連れた親鸞の等身銅像。

むかし野に聖あり。公家をすてて仏道をもとめる。山上に心月を仰がれずして、救いを慈悲の精舎に祈る。生と死のいづべき道をききて、俗と僧をこえて凡人となる。暴力には、慈悲の心をもて向う。心暗きものに智恵の道を示す。乏しきに交わりて心豊かに、力なき人民とともに生きる。その心太陽のごとく、そのあたたかさ、母のごとし。悪しき心の性を人に見づして、自からの暗の深きを恥じ入る。その子に背かれ妻に別れ、市辺の一隅にあって真実を書く。濁り多き世に生きる。濁りなき世の来らん日のために、自ら燃えつくした人。野の聖、親鸞という。京都山科にて。高下恵証。 (銅板に書いてあった)