興徳寺 こうとくじ   2000/08/13 福島県会津若松市栄町2-12 1283年に創建。郭内にあった唯一の寺。 臨済宗。蒲生氏郷公墳墓の地。戊辰の兵火にあう。葵の紋が門の扉にある。 秀吉が奥羽仕置のとき庁舎とした寺。



辞世の歌  花のあわれに人のあわれをかさねよんだ。 限りあれば 吹かねど花は散るものを 心みじかき春の山風。



遺髪を納めた五輪の塔。 五輪塔に空・風・火・水・地とある。万物の構成要素 宇宙の元素を表現。



氏郷38歳の時作ったといわれる漢詩の碑  壮図豈敢附悠悠  慷慨酒酣撃玉甌 一夜城桜無限感  月明五十四郡秋  壮図豈敢て悠悠に附せんや 慷慨酒酣(たけな)わにして玉甌(ぎょくおう)を撃つ  一夜の城桜 無限の感 月明らかなり五十四郡の秋  会津九十二万石領主 蒲生氏郷作  氏郷の胸に渦巻く壮図の思いとは、織田信長の後継として天下取りの思いか。月明下の城楼に酌み交わす盃を思わず投げて憤り欺いたとて、この辺境に配されてはもはやいかんとも成しがい。無限無念の感が湧くのみである・・・。

蒲生氏郷(1556〜1595) 江州(滋賀県)日野城主蒲生賢秀の子。 織田信長に仕えその婿となる。1590年秀吉は 戦国武将の蒲生氏郷を奥羽の押さえとして会津に封じる。氏郷は黒川を郷里(滋賀県日野市)の森の名にちなみ「若松」と名づける。氏郷は、近江商人の町の伝統を移し 城下町若松を商売繁昌のまちとした。鶴ケ城や城下町を整備、漆器産業を植えつけた。七層の天守鶴ケ城をつくる。1595年40才で亡くなる。