×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
2016/3/5 向陽台〜神峰山  茨城県日立市
アセビ

神峰山頂  日立大煙突記念碑  以下のようなことが刻してあった。
1915年、太平洋を眺望する多賀山地に、当時世界で一番高い156mの大煙突が完成した。
日立鉱山創業者の久原房之助氏は、深刻化する煙害問題の抜本解決を願った。建設には延べ37,000人と152,000円を費やした。
地域社会との共存共栄を願い、克己をもち事に処す起業家の「苦心惨憺」があった。
大煙突は、工業都市日立市のシンボルとなった。1993年、大煙突は倒壊した。日立市民の惜別と愛着の念は限りないものがあった。
日立市民とともに歩んだ大煙突の軌跡は語り継がれるだろう。神峰山頂に、大煙突の雄姿を刻した記念碑を設立する。先達の不屈の精神と行動を後世に伝える。













アオキ